Blog

ブログ 

13.瓦補強工事

めっきり朝晩が涼しくなり一気に秋めいてきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?季節の変わり目で体調など壊したりしやすい季節ですし寒くなれば怖いのがインフルエンザですよね・・。今年は例年に加え新型コロナウイルスもありますしいつも以上に油断できない季節となりました。世間ではもうコロナに注意してる行動が減ってきたように感じます。手洗いうがいと、マスクを欠かさないようにしましょう。うつさない、うつらないが大切です。皆様の行動が大切な方を守ります。


さて、今回お届けしますのは愛甲郡愛川町角田のF様邸よりお送りいたします!最近台風のニュースでも言ってましたが、昨年の台風の教訓で瓦などを止める事(義務化)との報道でした。今後は自然災害対策として義務化され、被害が最小限になることを私達も願っています。昨年の大型台風から1年経ちますが未だにブルーシートが沢山あり、それを目にするたび心が痛みます。今回F様邸は瓦止めを施工いたしましたので、皆様の参考になれば幸いと思いブログでお伝えいたします。




↑施工前:一見問題無さそうに見えますが、大型台風の風が来てしまうと瓦が落ちたり、飛んで行ったりとご近所様の家や車、最悪の場合人に当たったりしてしまいかねません。



↑施工後:棟のがんぶり瓦、のし瓦と平瓦も全て1枚1枚止めました

 

上記のように全て瓦が止まっていればズレたり、落ちたりという心配はありません。大型台風だけではなく、地震の際の備えにもなります。昔から備えあれば憂いなしというように、万全の備えをしておくことが皆様の大切な家は勿論、大切な人を守るということです。


 

※次回のブログは横浜市磯子区のT様邸よりお送りいたしますのでお楽しみに!!

 

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >13.瓦補強工事