Blog

NEWS  ブログ 

31.屋根上葺き(カバー工法)工事

ジメジメした季節がやってきましたね。職人泣かせの梅雨。例年と比較し、観測史上梅雨が最も早いみたいです。天気が変わりやすく、天気予報も全く当たらない地域も多いのではないでしょうか?降らないと言って、降る。降ると言って降らない等。予測不可能な毎日ですよね。梅雨が早まった分、明けるのも早ければいいですが長引かれてもウンザリしちゃいます。梅雨明けが早ければ、夏が長くなりますよね。梅雨明けすると夏とともに来るのが台風・・・。昨年度は関東に来なくて助かりましたが、今年はどうなるかが心配です。被害が出ないよう、メンテナンスをしていきましょう!!


今回お届けしますのは、厚木市飯山のU様邸からお届けします。



↑施工中②:防水防湿シートを隙間なく張っていきます。



↑施工中③:次にその上にガルバリウム鋼板を張っていきます。


↑施工後:棟押さえ板金をつけて完成です。


 

いかがでしたでしょうか?この上葺き(カバー工法)は、屋根から雨漏り等しているお宅様や、屋根をずっと放っておいている状態で下地が弱っているお宅様等は、是非この施工例をご参考にして下さい。ただ、なんでも放っておいて良いことはありません。塗装などでメンテナンスをきちんとしていれば、ここまでの工事にはならずに済みます。塗装を甘く見ず、ダメになる前にきちんと見てもらいましょう。今はローンでも塗装工事はできますので、当社までお気軽にご相談ください。


 

次回のブログは厚木市下川入のS様邸よりお届け致します。次回もお楽しみに!!

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >31.屋根上葺き(カバー工法)工事