Blog

サイディング2色塗り分け塗装  外壁塗装 施工手順 

【塗装一級技士】サイディング壁の2色塗り分け塗装

今や、皆様のお宅で外壁素材がサイディングの方がほとんどではないでしょうか?外壁は築10年で塗装しなければいけないと聞いたことがあったり、もしくは不動産屋さんに10年点検で言われたりするので知っている方も多いのではないかと思います。それをわかっていてもある程度大きな金額になるので、放って見て見ぬふりをしてしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、塗装を後回しにしても良い事は何一つなく最悪の場合サイディング交換になってしまえば、塗装の金額の4倍~5倍かかることもあります。そうならない為に10年で手を入れてあげなければなりません。せっかく大事なマイホームを購入しても大きな交換リフォームで大変な金額がのしかかってしまうと、住宅ローンに更に大きな金額を支払うようになってしまう前にちゃんと手を入れてあげましょう。


今回の施工事例は、サイディング壁の模様が気に入ってる方への朗報です!基本的にサイディング壁の模様をそのまま継続して残す場合というのは、クリアー(透明)塗料で塗装をします。ただ、クリアー塗装をするにはサイディング壁が割れてきていたり、釘周辺のサイディングに細かな亀裂がでている状態でそのままクリアー塗装すると、仕上がりもそのまま割れや亀裂がハッキリ見えてしまい美観も悪くなってしまいます。(ある程度色合わせや補修しますがわかります)


 


↑クリアー塗装


なので、サイディング壁の状態が悪い場合は亀裂が見えなくなるような塗り潰す塗装をしなければなりません。



↑塗り潰し塗装


クリアー塗装をするには最低でも丸々10年頃が限界になってきます。上記記述した様にメンテナンスを放っておいてしまって模様を塗り潰さないといけない場合、凹凸部も1色で塗るので元々のサイディング壁のオシャレな見え方にはなりません。それでも気にしない方も居られるとは思いますが、折角新築時に気に入ってご購入された方も多いと思います。後者の方は、最低でも10年経つ前にクリアー塗装をかけてあげるか、それでも放っておいてしまい10年以上になってしまった方は、これからご紹介する当社の塗装一級技士の技術による2色塗り分け塗装をご覧になって下さい。ブログにも例がございますので是非そちらもご覧くださいね!




※下塗り・中塗り・上塗りの工程後、凸の部分だけもう一回メインの色で塗る工程があり表面だけを塗るのが実に難しい技術です。


↑2色塗り分け塗装(左:下塗り、中央:中塗りと上塗り、右:凸部上塗り)


このように凹凸部がそれぞれ違う色になる為、模様が浮き出る仕上がりとなります!この塗装技術というのは、どこの塗装屋さんやリフォーム屋さんが全てできるわけではありません。当社には塗装一級技士が在籍しておりますのでこのような技術が必要な塗装も受け賜われますので、ご相談はお気軽にご連絡くださいませ。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >【塗装一級技士】サイディング壁の2色塗り分け塗装